スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿数無制限

個人的に非常に熱を上げている投稿数無制限についての話。

投稿数無制限の大喜利でたくさん投稿することについてのメリット・デメリット。

まずメリット。
・たくさん考えた中から選ぶわずらわしさ、手間がない。自由。

いろんな角度からいろんなものを考えて、いざ選ぶときに、
「こっち方面のネタならこれだけど、あっち方面のネタのこれも同じぐらい面白いなぁ」
なんてときに全部送ってしまえる。
とっても精神によい。
ネタ選択でしくじったときの「あれを送っていれば」「これを送っていれば」
といつまでも考える自分の醜さったらないです。
なのでとっても精神によい。
実験的なネタもどんどん送れます。

・やろうと思えば他人のネタを潰せる。

いろんなものをたくさん送ればそれだけ他人様の得意分野にも被ってきます。
それが完全に被ればこちらのもそうですが相手のネタも潰れると。
あんまりいないですけど、特定の分野に偏った大喜利をする人がいれば、
そちらを被せまくりにして一方で別分野の面白いのを出せば
渋滞を横目に空いた道をスィーッと進むがごとく勝ちになるでしょう。
投稿数無制限だと、妨害するためだけの役目を負わせたネタも投稿できてしまうのです。

ブログでは、真・戦国プライド合戦の合間に暇潰し大喜利として一度やりました。
よそのサイトでは意識してやったことはまだありませんが、
この先余裕があればやってみたいと思います。

ただしこのメリット、逆をいえばこちらも潰される可能性はあるので、
十分に気をつけなくてはいけません。

んでデメリット。
・自分で自分を潰すおそれ。

いくらいろんなネタを書けるという自負があっても、
他人から見ると特徴がありまくりだったりするものです。
たくさん送ったネタが、ある投票者にはそれぞれが似通って見えて、
被ってるので点はなし、全部に点をつけないなんてことがあるかもしれません。
ということで自分のネタが自分のネタを潰す可能性があります。
たくさん送れば送るほどこのデメリットが見えてきます。

・結局は数の問題ではない。

前述のデメリットはそれ以外にも、たくさん送りすぎることで
他人のネタを際立たせてしまう可能性も持っています。
つまり面白ければひとつでも勝てるわけです。
たくさん送ればいいというわけではないのです。

思いっきり自己否定しているように見えますが、
勝負にこだわらないスタイル、自分で面白いと思うものを選びきれない、
それが今の投稿数になっているので特に問題ありません。



どうでしたでしょうかメリット・デメリット。
自分がいつも無駄に考えていることを形にしてみました。
どんな場でもいろいろ考えたって
センスのいい人に直感で気持ちいいネタ出されてあっさり負けるんだろうな
とか思ってもいっぱい考えちゃうだって理屈馬鹿だもの。

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

めざし

  • Author:めざし
  • バナー(001君作)
    banner
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー・月別アーカイブ
 
リンク
◆ブログ
鷹のように舞い、ホークのように刺す
(冷凍兼冷蔵庫さんのブログ)

【年中営業】春夏冬中まな!ブログ
(まな!さん)

笑わない男の優しい歌
(笑わない男さん)

爆発ディナーショー
(こたつさん)

(´・ん・)(´~`)モグモグ(・ん・ `)
【(´・ん・)さん】

大喜利名人維新
~はんなり、るーきー幕府~

(ジェネラルさん)

塩で揉む
(しりこだまさん)

ガーナ
(エントーさん)

シリンダー
(越谷さん)

すろーたーはうす 94
(楽士さん)

◆大喜利サイト
いけっちパーク。
(クロフネさん)

巻き爪ボンジュール
(こたつさん)

大喜利名人維新
(ジェネラルさん)

facetofame Z
(綾辻さん)

ぼけましておめでとうございます
(早乙女太子さん)

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。