ドブの水博士

ドブの水博士:できた!ついにアトムができた!

アトム:こんにちは博士!僕アトムです!

ドブの水博士:やったーできたー!

助手:博士ついにできましたか!

ドブの水博士:そうなんだできたんだ!見てくれこれを!

助手:博士これアトムじゃないですか。

ドブの水博士:そうだよアトムだよ!ついに完成したんだよ!

助手:博士に依頼があったのは新時代の水筒ですよ。

ドブの水博士:だからできたんだよ!新時代の水筒が!アトムだよ!

助手:アトムなんてもうとっくの昔に御茶ノ水博士が発明して今や量産されてるじゃないですか。

ドブの水博士:君、話は最後まで聞くものだよ。いいか、このアトムは水筒なんだ。
         そしてこのアトムは今までの水筒にはない画期的な機能、
         『勝手にどこかに歩いていく』という機能を有しているのだ!

助手:水筒が勝手にどっか行ったらノドカラカラになりますよ!

ドブの水博士:あれっ?そうか、じゃあそういうときは、アトムに『どっか行くな!』と命令しよう。

助手:じゃあ水筒を人型にしなくてもよかったんじゃないですか?

ドブの水博士:いや、でも、もう作っちゃったし・・・。

助手:そもそも肝心の水を貯えるという機能はどこについてるんですか?

ドブの水博士:よく聞いてくれた。アトム、上を向いて口を開けなさい。

アトム:はい。

ドブの水博士:(口を指差して)ここに水を入れる。

助手:ここに!?少ししか入らないんじゃないですか?

ドブの水博士:よしわかった。水を入れてみよう。アトム、ちょっとそのままで。

アトム:はい。

(博士、水の入ったバケツとコップを持ってくる)

ドブの水博士:よし、見たまえよ。コップ一杯目。

アトム:ごくごく。

ドブの水博士:ほらゴクゴク飲むよ。

助手:なんか嫌な予感がするんですけど。

ドブの水博士:はい二杯目。

アトム:ごくごく。

ドブの水博士:三杯目四杯目一気に省略してアトムが限界だとセリフを言う八杯目。

アトム:ごくごく・・・もう限界です。

助手:まあ、水筒として一応機能はしそうですけど、水を出す時はどうするんですか?

ドブの水博士:アトム、このコップに水を出してみなさい。

アトム:はい。

(アトム前かがみになる)

アトム:オエーーーッ!

助手:うわーやっぱりか。気持ち悪いなー。

ドブの水博士:ほら見たまえ、ちょうどコップ一杯分!

助手:それはすごいですけど、普通水筒からあんな出方された水飲めませんよ。

ドブの水博士:(コップの水を飲みながら)ん?なんか言った?

助手:飲むな!



ドブの水博士:どうやら、君の反応を見る限りでは、また私はやってしまったようだね・・・。

助手:ええ。でもアトムを作れたというのは立派な功績ですよ。
    もう量産してますけど。

ドブの水博士:そうだな、失敗は成功の素と言うしな!なっアトム?



ドブの水博士:アトム?

助手:見当たりませんよ。

ドブの水博士:まさか・・・!

助手:まさか他に何か重大な機能を付けてたんじゃないでしょうね!?

ドブの水博士:『どっか行くな!』って命令してない・・・。

助手:どっか行っちゃった・・・。



おわり

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

めざし

  • Author:めざし
  • バナー(001君作)
    banner
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー・月別アーカイブ
 
リンク
◆ブログ
鷹のように舞い、ホークのように刺す
(冷凍兼冷蔵庫さんのブログ)

【年中営業】春夏冬中まな!ブログ
(まな!さん)

笑わない男の優しい歌
(笑わない男さん)

爆発ディナーショー
(こたつさん)

(´・ん・)(´~`)モグモグ(・ん・ `)
【(´・ん・)さん】

大喜利名人維新
~はんなり、るーきー幕府~

(ジェネラルさん)

塩で揉む
(しりこだまさん)

ガーナ
(エントーさん)

シリンダー
(越谷さん)

すろーたーはうす 94
(楽士さん)

◆大喜利サイト
いけっちパーク。
(クロフネさん)

巻き爪ボンジュール
(こたつさん)

大喜利名人維新
(ジェネラルさん)

facetofame Z
(綾辻さん)

ぼけましておめでとうございます
(早乙女太子さん)

ブログ内検索
RSSフィード