二回戦結果

投稿が休みなので今日結果が出るのをすっかり忘れていました。
あーよかった今回もあんまりすべらずに済みました。
自分の好きなのも好位置にいるので気分がいいです。

他は忘れてしまいましたがお茶漬けと湖で溺れてるやつは
自分内の締め切りギリギリに追い込まれて出した力技です。
お茶漬けなんて言葉の響きだけのチョイスですからね。
ちょっと変わった言葉に小手先の技術でなんか面白いのかな?
風に仕上げるのは得意です。
大喜利やりはじめた頃はそれしかできなくてそういうことばっかりやってたので。

今回は満月さんとネイノーさんが際立って面白かった。

投稿数無制限

個人的に非常に熱を上げている投稿数無制限についての話。

投稿数無制限の大喜利でたくさん投稿することについてのメリット・デメリット。

まずメリット。
・たくさん考えた中から選ぶわずらわしさ、手間がない。自由。

いろんな角度からいろんなものを考えて、いざ選ぶときに、
「こっち方面のネタならこれだけど、あっち方面のネタのこれも同じぐらい面白いなぁ」
なんてときに全部送ってしまえる。
とっても精神によい。
ネタ選択でしくじったときの「あれを送っていれば」「これを送っていれば」
といつまでも考える自分の醜さったらないです。
なのでとっても精神によい。
実験的なネタもどんどん送れます。

・やろうと思えば他人のネタを潰せる。

いろんなものをたくさん送ればそれだけ他人様の得意分野にも被ってきます。
それが完全に被ればこちらのもそうですが相手のネタも潰れると。
あんまりいないですけど、特定の分野に偏った大喜利をする人がいれば、
そちらを被せまくりにして一方で別分野の面白いのを出せば
渋滞を横目に空いた道をスィーッと進むがごとく勝ちになるでしょう。
投稿数無制限だと、妨害するためだけの役目を負わせたネタも投稿できてしまうのです。

ブログでは、真・戦国プライド合戦の合間に暇潰し大喜利として一度やりました。
よそのサイトでは意識してやったことはまだありませんが、
この先余裕があればやってみたいと思います。

ただしこのメリット、逆をいえばこちらも潰される可能性はあるので、
十分に気をつけなくてはいけません。

んでデメリット。
・自分で自分を潰すおそれ。

いくらいろんなネタを書けるという自負があっても、
他人から見ると特徴がありまくりだったりするものです。
たくさん送ったネタが、ある投票者にはそれぞれが似通って見えて、
被ってるので点はなし、全部に点をつけないなんてことがあるかもしれません。
ということで自分のネタが自分のネタを潰す可能性があります。
たくさん送れば送るほどこのデメリットが見えてきます。

・結局は数の問題ではない。

前述のデメリットはそれ以外にも、たくさん送りすぎることで
他人のネタを際立たせてしまう可能性も持っています。
つまり面白ければひとつでも勝てるわけです。
たくさん送ればいいというわけではないのです。

思いっきり自己否定しているように見えますが、
勝負にこだわらないスタイル、自分で面白いと思うものを選びきれない、
それが今の投稿数になっているので特に問題ありません。



どうでしたでしょうかメリット・デメリット。
自分がいつも無駄に考えていることを形にしてみました。
どんな場でもいろいろ考えたって
センスのいい人に直感で気持ちいいネタ出されてあっさり負けるんだろうな
とか思ってもいっぱい考えちゃうだって理屈馬鹿だもの。

エキシビジョン結果

ex

眠いので簡潔に書きます。
こんなこと言いたくないですけど、これ、闘牛だったら死んでましたよ。

こういう風に使いたくてチーム名の案に出したんですよね。
さっそく使えてよかった。

あとのいろいろなものは作戦会議のときにやればいいですよね。
眠いので終わりです。

一回戦結果

結果が出ましたけども。
結果が出ましたけども、結果についてだらだら書くのが面倒臭い。
たくさん送るとこんなところに落とし穴があったとは……!

とりあえず勝ちました。
でも上位のネタが自分ではあんまり好きじゃないのがなぁー。
まあ、そうはいっても、とにかくすべりはしなくてよかった。
たくさん送ったのに全部すべるのではと怖くて怖くて。

穴埋めだったんですけど、投票画面では
裁判長のセリフ部分だけが表示されるようになってたんで
ただの面白一言に持っていかれる懸念がありました。

なのに!

「まいっか」と懸念放置。
というのも、いざ投稿しようとしたときに候補にあったネタは50個ほどあったんです。
これをどのくらい送ろうかなーって考えました。
もう完全にうろ覚えですが新人QPさんが10個出してたのがそのときの最多ぐらいだったので、
じゃあ20個かな、と。
しかし、そのときその考え事と同時並行してあることをやってしまっていました。
投稿です。
この大会の、投稿です。
気がついたら10個送ってました。
候補残り40個。
20個の半分10個ほどを面白一言で出そうかと考えていた矢先の出来事。
あーとー、えーとー。
で、「まいっか」です。
結局候補40から残り10に絞り切れずに25になる有様だし、
投稿途中に思いついた1個も送ってしまえとなって26個になってるし。
そんな感じでした。

今週の投稿期間はめざしはお休みです。
ちょうどむーちー2のエキシビジョンの結果が出て、本戦の投稿期間なのでちょうどよかった。
絶対頑張りすぎておかしくなるね。

そういえばこたつさん1位おめでとう!
点数高いっすわーすごいっすわー。

投稿数無制限についてしばらく考えまくったら、語りたいことがある程度溜まってきたので
近日メリットデメリットなどについて記事にしたいと思います。

古内投稿

スピよこチャンピオンズリーグ投稿しました。
今回は厳選したらとりあえずの目標だった35に届かず
(70の半分で35、これぐらいなら自分は投票者に怒られないと勝手に判断)
30で力尽き、ついさっき意地で5個ひり出して35にしました。
A組の投稿総数が100超えちゃった。

投稿数無制限で100個近く投稿できるので今日思い出したんですけど
そういえば昔ブログで修行とかいってただ真っ白いだけの画像で100個ボケてました。
びっくりするほど誰にも触れられず、孤独な戦いでした。
修行カテゴリーで見れます。

99個やってみたいけど、どうしても投票者が気になる。
今回の人数見て影響なさそうなら、そのうち狙うつもりです。

70

あじさん★ていすとさんが70個投稿しているよ。
「やられたっ」と思った。
先手打たれて潰されてしまうよ。

ミニゴバさんが99個投稿してもいいとは掲示板に書いている。
しかし投票のことを考えるとそれは無理だろうと考えてた。
今回も他の組の投稿総数を目安に差が出ない様にほどほどにするつもりでいた。
そこをやられた。

70はすごい。純粋にすごい。
結果が出たら全部つぶさに見ようじゃないか。

とにかく
70という数字に臆してはいけないので出すもんは出そう。
投票が減ったら責任はある程度あるけども
一番送ってるの俺じゃないしって言おう。

こういうところから楽しいのが投稿数無制限の魅力ですよ。
わくわくしまくりです。

今週分

スピよこチャンピオンズリーグとむーちー2の投稿をしてきた。
とりあえず書いておく。

とりあえず書いておかないと、
「送った? 送ってないんじゃない?」
「いや送った。ちゃんと送った」
「それ夢じゃない?」
「いやちゃんと送ったって」
「それ夢だって」
「本当?」
「ほらうろ覚えでしょ」
「そんなに言うなら送ってないかもしれない」
「送ってないんだよ」
「サイト見てみればいいじゃん」
「見たらいいよ」
「送ってるよ」
「送ってたね」
「送ってたじゃん」
「送ってたわ」
これを何度かやるので。

はじまった!

とうとうスピよこチャンピオンズリーグがはじまりました!
何よりも今発作的に記事を書かせた原動力は、投稿数が無制限だってこと!
前から書いてあったのかはさっぱりわかりませんが今知って大興奮です!
これならボケの選択で迷って自ら破滅することがない!

投稿数無制限と団体戦の作戦会議、助かります。ありがとうございます!
脳みそぶっ壊れるまで頑張ります!

熱闘むーちー2

さあむーちー2参加締め切りまして、チームが出揃いました。
最初見てたときは知らない人だらけで世代だ層だジェネレーションギャップだと
ぶつぶつ言ってたんですが今見るとそうでもないですね。

今回何を書くかというと、長嶋美奈こと大喜利応援団員であるめざしが、
適当なチームを応援してみようということで、応援したい2チームを特集します。

まずは 6 チョコヘナ地区の
4 すげ~の見つけた(笑) (越谷 河本 タイトルデザイン まな!)のみなさんです。

なぜってこれはメンバー見ればわかりますね。
越谷さんと河本さんは真・戦国プライド合戦で一緒にスター魚津というチームを組みました。
まな! さんはトリオ・デ・ブログで一緒のチームでした。
タイトルデザインさんは特にないんです。

とにかく4人中3人と団体戦やったことがあるってのはシャイボーイには珍しいことなので
これは応援しないといけないんです。
ただ応援って何すんのって聞かれたら黙りますけど。
旗すら振りませんけど。
頑張れ!

さあ次は 2 ドイヒー地区の
8 ひじきまみれ (シジミ 青メガネ トムソンガゼル)のみなさんです。

これはよくわからないでしょう。
自分でも最初よくわかりませんでした。
ただ「ひじきまみれ」という言葉を見たときに、聞き覚えではなく、使い覚え
「これ大喜利で使った!」という感覚がよぎりました。

で、思い出しました。
しりこだまさんのブログ「塩で揉む」
の、この記事
の、コメントをご覧ください。
いましたよね。
これです。
そうです、コメントしたひじきまみれはめざしです。

これ、めざしあるあるのひとつなんですが、
大喜利やりたい力が高ぶっているとき、フライングして名前からおかしなことになるという
よくあるパターンです。
それか、ただのシャイボーイ発揮しただけか。

むーちー2の話に戻ります。
このひじきまみれチームにシジミさんという方がいるのがまた奇妙ですよね。
シジミさん、このカタカナなところが怖いです。
おまえらひらがな海産物同士仲良くやってろよ、俺は違うぞと。
おまえもホタテの貝柱のようにしてやろうかと。
アサリがなんぼのもんじゃいと。

楽しくなってきたから10個20個書きたいけど抑えて……

ひじきまみれチーム頑張れ!



ということで熱闘むーちー2今回は2チーム特集しました。
次回の予定はありませんがみなさんがんばってくださーい。
長嶋美奈でしたー。

真・戦国プライド合戦リベンジ

2010年だけれども、
去年の借りだけれども、
返さねばなるまい。
スター魚津2としてもう一度やってやろうじゃないか。

間が空いてしまって申し訳ありません。
サイトの方に第2シーズンの予定が出てきたので、
「あ、いける!」と判断しました。

楽士さんがお休みしてるのはどうしようと結構考えましたが、
楽士さん待ちの状態でいるのも楽士さんの負担になるので、
今回は誰かにクローンという体で代打してもらいます。
楽士さんが戻ってきたらそれでもう一戦やりましょう。

それより、そもそも、残りのメンバーがまだリベンジのこと覚えてるかどうか。
空いた間のせいでブログ見なくなってる……ような。
いますか? 誰かいますかー?

スピよこチャンピオンズリーグ

スピアー予告中

お知らせが遅くなってしまいました。
こちらで「スピよこチャンピオンズリーグ」というリーグ戦が開催されます。
その昔ボケれ場で竜王という冠をもらったり、
60分大喜利で優勝したりした縁の深いサイトなので、
もちろん参加します。
というかろくに文章も読まずに飛び込んだので
リーグ戦のことまだよくわかってません。
おそらくリーグ戦なのだからすぐ終わるということはないでしょう。
なのでみなさんも参加してみましょう。

むーちー2参加決定

誘われたー誘われて団体戦に出るぞー。

むーちー2

※まだ参加締め切りではないので対戦相手チームは上記だけとは限りません。


こたつさんは真・戦国プライド合戦でお馴染みの大喜利サイトの管理人さん。
こたつさんが上にみかん乗せてスイッチ入れたら3人がシュッと足を突っ込んだ形でチームができました。
実は団体戦の経験があまりないんですが頑張りますよろしくお願いします。

ところで、こたつさんがブログ(アメブロじゃなくて大喜利サイト内にある)で
このチームについて書いてました。
さあめざしはどう書いてあるか。

■メンバー めざし
【票稼ぎ担当。安心してます。めざしさんがいれば大負けはないっしょ】


めざしさんがいれば大負けはないっしょ
めざしさんがいれば大負けはない
大負けはない



自ら傷口に塩を塗りたくったー!
見たか2010年! 心機一転くそったれ!

とりあえず本当みなさんよろしくお願いします。
12 | 2010/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

めざし

  • Author:めざし
  • バナー(001君作)
    banner
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー・月別アーカイブ
 
リンク
◆ブログ
鷹のように舞い、ホークのように刺す
(冷凍兼冷蔵庫さんのブログ)

【年中営業】春夏冬中まな!ブログ
(まな!さん)

笑わない男の優しい歌
(笑わない男さん)

爆発ディナーショー
(こたつさん)

(´・ん・)(´~`)モグモグ(・ん・ `)
【(´・ん・)さん】

大喜利名人維新
~はんなり、るーきー幕府~

(ジェネラルさん)

塩で揉む
(しりこだまさん)

ガーナ
(エントーさん)

シリンダー
(越谷さん)

すろーたーはうす 94
(楽士さん)

◆大喜利サイト
いけっちパーク。
(クロフネさん)

巻き爪ボンジュール
(こたつさん)

大喜利名人維新
(ジェネラルさん)

facetofame Z
(綾辻さん)

ぼけましておめでとうございます
(早乙女太子さん)

ブログ内検索
RSSフィード